年別: 2016年

野人のカワハギ釣り No.1

子どもたちに継承していきたい自然の遊び。まずはお父さんに見て欲しい・・・我流ですが自然の楽しみ方をお伝えしていきますので、ぜひ大自然に繰り出してくださいね。で、釣果は?

第19回 戦後インフレと預金封鎖 -新たな貯蓄増強- (後編)

敗戦後、大蔵省を凌ぐ権力を誇っていた内務省、軍部はGHQによって分割・大幅解体されたのに対し、大蔵省はGHQの間接統治実施のための「官僚機構温存策」に救われ、敗戦を無傷でしのぎました。敗戦直後の金融政策や財政政策、その後の間接金融体制形成における大蔵省の役割、金融して見ておきましょう。

北陸新幹線金沢駅開業で熱い石川県を尋ね、語らう 最終話

第6話の前半では紐野議員のこと、金沢の置かれている現状などを聞くことが来た。今回、最終回!金沢から石川県全体の置かれている状況を歴史から金沢の未来について、熱く語り合う。

北陸新幹線金沢駅開業で熱い石川県を尋ね、語らう 第6話

にし茶屋街で、金沢のよき伝統が守られていることを知る。そして、いよいよ最終章。金沢を、石川県を長年に渡って動かす立場にある人物のもとへ。金沢の正体、そしてその未来とは?

第19回 戦後インフレと預金封鎖 -新たな貯蓄増強- (前編)

巷では預金封鎖が発動される、されないの話がたびたび出現しています。国の借金が急増しているのがそのきっかけなのですが、今回は戦後のインフレに絡んだ話です。インフレになった理由は国家体制維持のために国がとった政策によるものなのですが、それらを一緒にみていきましょう。

北陸新幹線金沢駅開業で熱い石川県を尋ね、語らう 第5話

やっと案内人と合流できた女子大生キャスターが行く先は茶屋街。昔からの伝統ある茶屋街に今変化が起こっている。カフェ&バーを営むオーナーと「にし茶屋街」で出会い、すたれつつある伝統文化を守るための、決断ある行動に隠された想いを聞く。交差点・金沢もラストスパート!

第18回 投資信託から見る戦中・戦後(後編)

投資信託という金融商品、その生い立ちに詳しく触れた事はありますか?戦中に戦費調達目的で胎動し、戦後に経済再建目的で正式に登場した投資信託。しかも、証券会社主導でつくられた投資信託、その背景などを後編では見ていきます。日本金融史パート2もいよいよ佳境、見逃してる回があればいまのうちに!

北陸新幹線金沢駅開業で熱い石川県を尋ね、語らう 第4話

金沢といえば、伝統工芸が盛んだが今、新しいプロジェクトが動いているという。その動きとはいったい?そして伝統工芸はどこへ向かっているのか?まだ案内人に出会えずひとりでいる中、やっと案内人と連絡が取れたが・・。金沢の旅も後半に入りましたが、まだまだ知らないことが多い金沢の事情。本番組で知ってください!

Scroll to top